X-T2ユーザーから見たX-Pro2 / レンタルして分かったこと

X-Pro2をレンタルして、撮影した様子を「前編」「後編」に分けて書いてきました。

今回の記事では、X-Pro2をレンタルして分かったことをまとめていきます。あまり持ち出してはいませんが、X-T2ユーザーだからこそ魅力に思えることもありました。

この記事が、僕を含めてX-Pro2購入を検討している方にとって参考となりますように!

カタログから読み取る、X-T2とX-Pro2の方向性

先日初めてX-Pro2のカタログを手にして、「なるほど」と思いました。

というのは、X-T2とX-Pro2とでは、明らかに方向性が違うのです。まず、カタログを手に持つと、X-T2の方は厚みを感じるのですが、X-Pro2の方はそれを感じません。

そこでX-T2のカタログを開いてみると、写真の一つひとつに撮影情報が書かれてあったり、性能の良さや拡張性の高さがアピールされています。「これ一台でなんでも撮れますよ!」と、地に足をつけているカメラ。これがX-T2です。

対してX-Pro2は、カタログを開いてみると、撮影情報が一切記されいません。つまり、「このレンズで撮った」というよりも、「このカメラで撮った」ということが重要なわけです。いや、もしかすると、それすらも重要ではないのかもしれません。兎にも角にも、X-Pro2はガチガチに「作品」であることを意識しなくてもいいのです。

この方向性の違いが、ダブルフラッグシップとしての地位を保っているのでしょう。

全く主張のないカメラデザイン

X-T2とX-Pro2で、最も分かりやすい「違い」は、やはりデザインですよね。

正面から見たとき、X-T2は「FUJIFILM」のロゴが入っていたり、「X-T2」という名前が刻まれたりしています。また、軍艦部もゴツゴツとしていて力強いです。

対してX-Pro2は、何もありません。というと極端かもしれませんが、何もないと言ってしまうほどに洗練されているのです。とにかく無駄がなく、主張がありません。

どちらがいい悪いではなく、自分の目的に合ったカメラで撮影することができます。

一眼スタイルで、小さなレンズも大きなレンズもつけてガッツリ撮りたい場合は「X-T2」を。小さなレンズで軽々、主張せずに撮りたい場合は「X-Pro2」がよさそうです。

OVFでのスナップ撮影がやみつきになる

X-T2には無くて、X-Pro2にあるもの。それが、OVFでの撮影です(EVFもあります)。

OVFというと、撮影して画像を見るまで仕上がりが分かりません。なので、仕上がりが反映されて見えるEVFが主流になりつつある今、「OVFはいずれ無くなる」なんていう見解も目にします。

しかし、OVFは絶対に無くならないということが、X-Pro2で分かりました。

というのも、スナップ撮影においては、実際に写る範囲の外側まで確認できるOVFは非常に楽しくて、便利でもあります。しかも、ピントを合わせても周りがボケないので、フレーミングがしやすいのもポイントです。

ただし、ファインダーがカメラの端についているので、縦位置の撮影は慣れが必要かもしれません。いいえ、もし仮に慣れたとしても、縦位置の撮影はX-T2のほうがやりやすいこと間違いなしです。

今はただただX-Pro2が欲しい

ということで、X-T2ユーザーから見たX-Pro2の魅力について書いてきました。正直、細かく挙げると他にもあるような気がしますが、大きなところでは以上です。

少し前まで「ダブルフラッグシップってどういうこと!?」「使い分けが難しくないか!?」なんて考えるときもありました。

しかし、今では考えがガラッと変わりました。

X-T2もX-Pro2もそれぞれの役割が明確になっていて、なくてはならないカメラです!

なので、今はただただX-Pro2が欲しいです(笑)が、レンズ編成もあわせて考えていきたいので、購入報告は今しばらくお待ちください…。(買う気は満々です!)

<スポンサーリンク>

<好きな方法でシェアしよう>

<有澤J太郎をSNSで追いかける>

<スポンサーリンク>