森林浴に行ったら三脚が欲しくなった話 / 使い勝手の良い、おすすめの三脚は?

よく晴れた5月下旬の土曜日。いつもの散歩仲間と一緒に、森林浴を楽しみました。

途中、お寺の前で「記念写真を撮ろう!」と言い出したものの、うまい具合にカメラを置く場所がありません。結果的に写真は撮れましたが、「三脚があればなあ」と思った有澤J太郎。

そこで今回は、森林浴の思い出を振り返りながら、携帯性に優れ、それなりに軽量な三脚を探していきます。(※三脚だけが気になる方は、記事下部までスクロールしてください!)

撮影機材:FUJIFILM X-T2 + XF23mmF2 R WR

暑い日の森林浴は、自分の感性まで癒してくれる

先ほどから「森林浴」と書いていますが、今回の散歩の目的は「お寺巡り」。隣町にはまだまだ訪れたことがないお寺や神社があり、そこを訪れようと思ったのがきっかけです。

しかし、途中で森の中に足を踏み入れた瞬間。深まる緑に、昨日までの雨が残っていて、それを太陽の光が反射させているではありませんか! それでいて風の通りがよく、「今日のメインは森林浴でもいいな」と思いました。

お寺の前で記念撮影をするとき、三脚が欲しくなった

森を抜け、目的のお寺にたどり着いたとき、僕は「記念写真を撮ろう!」と提案しました。以前ハイキングへ行ったときも撮っているので、なんとなく恒例行事のようになっているわけですが(笑)

しかし、ここで問題が発生します。カメラを置く場所がないのです! 「地面に置ける」のはその通りですが、やはりアングルにはこだわりたいところ。

ハイキングの時には、ベンチがいい具合の距離と高さに置かれていたので、そのままRX100を置くだけで撮れてしまいました。ところが、今回はそういうわけにもいきません。

結果的には、ポケットティッシュやらなんやらを積み重ねることで妥協したのですが、「三脚があったほうが絶対にいいよなあ」と強く感じました。

散歩やハイキングにおすすめの三脚

そこで、散歩やハイキングにおすすめの三脚を探してみました。条件として、①携帯性に優れていること、②コンデジだけでなくミラーレス一眼にも使えること、を念頭に置いています。

Manfrotto ミニ三脚 POCKET S

一つめは、Manfrottoの「ミニ三脚 POCKET S」です。

こちらは完全にコンデジ用ですが、本当に小さいので付けっぱなしでも全然問題ありません。ただし、SDカードやバッテリーを取り出すときには、三脚を外さないといけないので、注意が必要です。

ちなみに、僕はこの三脚をRX100M4時代に使っていました。カメラを固定して撮影できるのは本当に便利! ですが、高さが欲しいと思ったときにはさすがに物足りなくなります。

Manfrotto PIXI EVO

お次もManfrottoの三脚「PIXI EVO」です。

僕の大好きなユーチューバーであるKazuさんが、以前動画で紹介していました。Googleで検索してもたくさんヒットするので、どうやら人気商品のようです。

たしかにサイズもコンパクトで、リュックサックに入れるのであれば、かさばらないのかもしれませんね。それでいて、なんと最大耐荷量が2.5kg!

なので、コンデジはもちろん大丈夫。FUJIFILM X-T2の場合、ボディが507gなので、単焦点レンズであれば問題なく使えます。ズームリングでも、「XF16-55mmF2.8 R LM WR」が655gで、「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」が995gなので、横位置での撮影ならばまったく問題なさそうですね!

この三脚、かなりいい感じじゃないですか。よしよし。

他におすすめの三脚がありましたら教えてください

ということで今回は、

  1. 森林浴に行ったら三脚が欲しくなった。
  2. おすすめの三脚を探したところ、Manfrotto「PIXI EVO」がいい感じ!

この2点について書いてきました。

普段、家電量販店のカメラコーナーに行っても、三脚を見ることはまずありません。しかし、こうして探してみると三脚はたくさんあるのですね。

買い物が苦手な僕にとっては、頭がクラクラしてしまいそうです…(笑)

ところで、皆さんは普段三脚を使用していますか? もし他におすすめの三脚がありましたら、ぜひコメントやTwitterで教えてください! それではまた。

<スポンサーリンク>