2017-05-17

PEN-Fを触って気づいた、FUJIFILM X-T2の魅力

数日前、家電量販店でOLYMPUS PEN-Fを見てきました(通算2度目)。クラシカルなデザインがかっこよく、コンパクトで携帯性に優れているカメラです。

しかし、二回目に見たPEN-Fは、一回目のときよりも印象が違っていました。具体的に言うと、FUJIFILM X-T2のよさが際立ってしまったのです。

では、PEN-Fを二回見たことで分かった、X-T2の魅力とは何でしょうか?

撮影場所を選ばない「防塵・防滴」仕様

まずは、X-T2が「防塵・防滴」仕様であることです。僕自身、あまり雨の日に写真を撮ることはないのですが、これからの季節(梅雨)を考慮すると、「PEN-Fを買っても活躍の機会が少ないよなあ」なんて思ってしまいます。

もちろん、オリンパスには「OM-D EMなんちゃら」のカメラがあって、こちらには防塵・防滴が備わっています。が、あくまでもX-T2を持っている僕にとっては、今のところ購入を検討するカメラではありません。

個人的にはPEN-Fのデザインが大好きなのですが…。せっかく小型で持ち運びやすいカメラなので、やはり防塵・防滴は一つの条件になってきます。繰り返しますが、デザインやアート性に長けていて、所有欲が満たされそうなんですけどね…。

全体的に操作性が優れている

PEN-Fの操作に慣れていないというのもありますが、家電量販店で触ってみて、「やっぱりX-T2って操作しやすいよな~」と思うわけです。

それを象徴するのが「ダイヤル」です。X-T2に慣れていると、F値やISO感度、シャッター速度などの変更が本当に楽ですよね。むしろ、カメラの電源を入れなくても、それぞれ設定できてしまう。

他にも、フォーカスレバーやグリップ性などいろいろありますが、とにかく全体的に操作性が優れているのがX-T2です。

APS-Cはバランスがいい

サイズに目を向けると、PEN-FはX-T2よりも小型ですが、そのX-T2も十分コンパクトなんですよね。しかも、センサーサイズはAPS-C。昨日の記事で「F値のフルサイズ換算」というお話しをしましたが、APS-Cの大きさがあれば十分に表現できます。

Xマウントに関して言えば、「XF16-55mmF2.8 R LM WR」の大きさには少し残念(というよりもM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROがコンパクトすぎる!)なのですが…。

しかし、単焦点レンズなんかは小型・軽量なうえに、一部防塵・防滴まで採用されています。それでいて外観もかっこいいわけですから、X-T2ひいてはAPS-Cというのは、本当にバランスのとれたカメラです。

PEN-Fの購入は、一度選択肢から外します

というわけで、PEN-Fを触ったことで見えた、FUJIFILM X-T2の特徴について書いてみました。内容はすごくあっさりしていますが、僕が挙げた事柄の一つひとつに「富士フイルム哲学」が凝縮されています。

ここ最近、X-T2はSONY RX100に出場機会を奪われておりますが、それも絶対的な信頼感があるためです! いつだって困ったときにはX-T2。本気になりたいときはX-T2です。

少し前にはPEN-Fの購入計画を立てるまでいきましたが、一度選択肢から外すことにします。次に買うカメラ・レンズは、いったい何になるのやら…。

もちろん、自分の腕磨きにも関心を持ちたい今日この頃です。

 





関連記事

コメントを残す