2017-05-22

ブログはコメントで成長する / PVよりも大切なもの

ブログの成長を実感する要素として、記事数やアクセス数(PV数)、デザイン性の向上などが挙げられます。どれも「目に見えてわかる」ので、嬉しいですよね。

さて、もう一つ「目に見えてわかる」ブログの成長を実感する要素があります。それが、「コメント」です。自分の書いた記事にコメントがつくと、両手を挙げて喜びたくなりませんか?

今回は、そんな「コメント」のすばらしさについて、まとめてみました。

ARISAWAFILM.COMに、コメントがついた!

何かの価値を提供しているわけではないけれども、僕のカメラライフを充実させているブログ。

更新しなくても世界が困るわけではないのですが、せっかく写真を撮ったりカメラのことを考えたりしているので、走り書きでも書き残そうと楽しんでおります。

そんな「ARISAWAFILM.COM」に、ついに、コメントをいただくことができました。朝起きて「コメント通知メール」が届いていたときには、まだ出勤していないのに「早く家に帰ってコメント返信がしたい!」と思ったほどです(笑)

そこで僕は気づきました。

「コメント」には、アクセス数(PV数)や記事数、さらにはブログカスタマイズよりも「ブログのやりがい」を感じられるよさがあるのだ、と!

コメントのすばらしいところ2つ

手紙に似たあたたかさがある

まず、コメントの何が嬉しいかというと、手紙に似たあたたかさを感じられるところです。

例えば、TwitterやInstagramでは「いいね」ボタンが、共感を示す役割をこなしています。それはそれで立派な意思表示です。実際、いいねをもらわないよりも、もらったほうが嬉しいですよね。

しかし、それは「一瞬で消費されるもの」でもあります。タイムラインに流れてきた言葉や写真を、一瞬で処理し、消費する。決して悪いことではなく、そういうもの、なのです。

では、ブログのコメントはどうでしょうか。こちらは、一瞬で消費されるものではありません。記事を読み、何かを思い、時間をかけて文字をうつ。この手間をかけることで、「いいね」ボタンとはまた違った気持ちが込められるのです。

そう、ブログのコメントには、手紙をしたためるときの”あの”あたたかさがあります。

ブログの成長を実感できる

コメントがつくということは、すなわち読んでくださった方がいるということです。

これがPV数だと、たしかに読んでくださった証拠にもなりますが、たまたま訪れて記事を読まずにウィンドウを閉じる方も含まれます。なので、ブログの成長を感じにくいんですね(ましてや当ブログのように無名の場合!)。

ところがコメントというのは、前述の通り手間がかかっています。僕は「手間の数だけ愛がこもる」と考えているので、コメントをいただけると「ああ、少しずつブログが成長しているんだな」という実感が湧いてきます。

これからも、皆さまとのつながりを大切にしていきます

ということで今回は、

  1. 「ARISAWAFILM.COM」に初めてコメントがついたこと。
  2. コメントには「手紙に似たあたたかさ」があり、成長を実感できるよさがある。

この二点について書いてきました。

ブログを書いている者としては、PV数の増加も記事数の増加も、ブログデザインをカスタマイズしていくことも、全部全部うれしいことです。

しかしながら、SNSでコメントつきでシェアされたり、記事にコメントがついたりするのは特に喜びを感じられます。

これからも、皆さんにとって読み心地のよいブログを書いていくつもりです。読者の皆さまには引き続き、あたたかく見守っていただけると幸いです!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。