2017-05-10

【禁断の撮り比べ!?】SONY RX100とXF23mmF2 R WR, XF16-55mmF2.8 R LM WR

「さすがはAPS-C!」「いやいや、普段使いなら1型でも十分だよ!」

カメラをやっていると、センサーサイズの魔法にかけられますよね。そこで、SONY RX100と、XF23mmF2 R WR・XF16-55mmF2.8 R LM WRで「撮り比べ」を行いました。

ちなみに、上の写真はどのカメラ(レンズ)で撮影したか、分かりますか…? そんなに厳格ではなく、ゆるく雑な撮り比べなので、肩の力を抜いてみてくださいね!

SONY RX100 vs XF23mmF2 R WR

まずは、SONY RX100と、FUJIFILM X-T2 + XF23mmF2 R WRの組み合わせ。条件は、絞り優先でF2.8に固定しての撮影です。(センサーサイズの違いで、厳密には同じF値にならないようなのですが。)

XF23mmF2 R WR, 35mm換算35mm, f2.8, 最短撮影距離

RX100, 35mm換算28mm, f2.8

RX100では、ズームするとF値が大きく変動してしまうので、ワイド端での撮影です。XF23mmF2 R WRと花の大きさが同じになるように撮影しました。

ここまで撮影して分かったことは…、

  • 発色がここまで違うことに驚いた!
  • さすがはAPS-C。画角の違いこそあれど、ボケ量が多い。

しかしながら、RX100はXF23mmF2 R WRより「寄れる」のです。それが冒頭の写真。

RX100, 35mm換算28mm, f2.8, 最短撮影距離

絞り開放で撮っていたらどんな描写になっていたのでしょうか? いずれにしても、被写体次第では、XF23mmF2に勝る写真が撮れるのではないでしょうか。

RX100 vs XF16-55mmF2.8 R LM WR

続いては、RX100XF16-55mmF2.8 R LM WRによる撮り比べです。

XF16-55mmF2.8, 35mm換算27mm, f2.8, 最短撮影距離で撮影

換算28mm相当になってくれるのを期待してズームリングを回しましたが、結果は27mm相当でした。惜しい!(笑)

RX100, 35mm換算28mm, f2.8

XF16-55mF2.8の最短撮影距離で撮ったものと、花の大きさが同じになるようにして撮影しました。RX100のワイド端接写に慣れてしまうと、XF16-55mmF2.8は「寄れない」と思ってしまうのがコワいです。

この撮り比べで分かったことは…、

  • たしかにXF16-55mmF2.8で撮ったほうが、ボケ量は大きい気がする。
  • しかし、RX100のボケ量もそこそこいいのではないか。

これこそ、どちらで撮ったのか分からなくなりそうですね!

やっぱりSONY RX100はすごかった

そういうわけで、SONY RX100と、XF23mmF2 R WR・XF16-55mmF2.8 R LM WRの撮り比べを行ってみました。

日中の明るい場所で撮る分には、そこまで差は感じられません。さすがに好感度ノイズや雨天での撮影では、Xマウントのレンズに軍配が上がります。しかし、普段使いにはRX100(初代)で乗り切れてしまいそうですね!

やっぱり、RX100はすごかった。





関連記事

コメントを残す