2017-06-03

【力試し】FUJIFILM X-T2で、江の島を撮り歩く!

今日は、ありったけのカメラとレンズを持ち出して、江の島方面を撮り歩きました。

いつもなら「散歩のついでに…」という感覚ですが、今日は「小旅行」かつ「力試し」のつもりです! 自分にプレッシャーをかけた結果、どのような写真が撮れたのでしょうか?

この記事を書いている段階では、まだ掲載できない写真もあるので、ひとまず今回の概要を走り書きしていきます。

今回のカメラ・レンズ

今回は、ありったけのカメラとレンズを持ち出しました。自称・カメラバッグは使わない男なので、ふつうのリュックサックにぎゅうぎゅうと詰めていきましたよ!(笑)

FUJIFILM X-T2

おなじみ、メインカメラのX-T2。

XF16-55mmF2.8 R LM WR

富士フイルムデビューと同時に購入した、思い入れのあるレンズ。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

X-T2と同時購入したレンズ。これまで活躍の機会は少ない。

XF23mmF2 R WR

XF35mmよりも画角がしみついている、安心のXF23mmF2。

XF35mmF1.4 R

実は使いこなしたいと思っているレンズ、ナンバーワン!

SONY RX100

FUJIFILM X-T2の登場機会を奪った、”実力派”高級コンデジ。

小旅行・撮影の目的

さて、なぜ僕が江の島方面で撮影を行ったのか。理由はシンプルです。

  1. 夏を感じさせる写真が撮りたいから。
  2. 最近、撮影に対して逃げ腰気味であり、もう一度気持ちを引き締めるため。

特に、二つのレッドバッジズームレンズは、最近使用開始が減っています。ということで、撮影のほとんどをレッドバッジ二本で終わらせるつもりでいきました。

大まかな流れ

最寄り駅から江ノ島電鉄・鵠沼駅まで

鵠沼駅から、徒歩で江の島へ

江の島で撮影

徒歩で鎌倉高校前まで

江ノ電で由比ヶ浜へ

徒歩で稲村ケ崎へ

稲村ケ崎での撮影後、帰路につきました。

【予告】語りたいことを、写真とともに

ということで、ざっと今日の流れをまとめてみました。

こうしてみると「一瞬」ですが、実際にはいろいろな発見があったり、感動があったりしました。どのような形式になるのかは未定ですが、今後、じっくりと今回の小旅行を振り返っていきます!

それにしても、わくわくが止まらない江の島小旅行でした。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。