2017-05-01

カメラを持ち出すなら、お気に入りの単焦点+SONY RX100の組み合わせがよさそう

今日は珍しく、午前の部と午後の部に分けて写真を撮りに行きました。持ち出したカメラは、FUJIFILM X-T2。つけたレンズは、午前の部が単焦点、午後の部がズームレンズでした。どうやら、カメラを持ち出すなら「単焦点+SONY RX100」の組み合わせがいいのかもしれません。

午前の部「新緑散歩」XF35mmF1.4 R

午前中は、X-T2にXF35mmF1.4 Rをつけてお散歩。あらかじめ、少しだけ絞ったり、シャープを下げたりしています。写りはというと、緑の発色やボケ感がきれいですね。さすがは富士フイルム、さすがは単焦点レンズといったところ。

こちらは、前ボケを活かすようにして撮影した一枚。左下に、僕の手らしきものがボケていますが、「これも表現の一つ」と思うと、また違った写真に見えてきます。

それにしても、久々に換算53mm相当のレンズで撮りましたが、使い勝手がいいですね! 主題を明確にしながらも、「引けば広角・寄れば望遠」と言われる画角だけに、イメージ通りの写真が撮りやすいです。

歩きなれた道ということもあって、「ズームが欲しい」と思う場面はありませんでした。というよりも、これが単焦点レンズのいいところなのですが、ファインダーを覗く前にある程度撮影のイメージができてしまいます。つまり、たとえ焦点距離が足りなかったとしても、潔く諦めることができるのです。

午後の部「こいのぼり」フジ2.8通しのズームレンズ+ソニー RX100

そして午後は、川沿いを泳ぐ「こいのぼり」を撮りに行きました。こちらは歩きなれていない道だったので、「XF16-55mmF2.8 R LM WR」「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」の二本と、SONY RX100を持っていきました。

カメラを構えて思ったのですが、こいのぼりを撮影するのは難しいですね! 幸い、青空が広がっていたので、明るい写真を撮ることができたとは思います。ということで、こいのぼりの撮影テクをお持ちの方は、ぜひシェアしていただきたいです。

さてさて、ここで、次の2枚を見比べてください。

どちらがX-T2で、どちらがRX100の写真でしょうか!? また、どちらの「色」がお好みでしょうか。正解は、①がRX100で撮影した写真で、②がX-T2で撮影した写真です。画角を厳密に合わせることはできなかったのですが、全体的な写りを比較することができます。

例えば空と草に注目をすると、RX100で撮影した写真は、X-T2よりも少しくすんだ(オールドな?)雰囲気になっていませんか? これはX-T2でフィルムシミュレーションを変えても、露出を変えても出ない色のように思います。

そこで分かったのは、どれだけズームしてもF2.8通しという点では、富士フイルムのズームレンズのほうが優れています。しかし、その明るさを必要としない場面では、RX100でも十分に対応できてしまうということです。

単焦点レンズ+RX100の組み合わせがベスト

こうして考えてみると、普段の撮影では「単焦点レンズ+RX100」の組み合わせがベストなのではないかと思いました。

今日でいうと「XF35mmF1.4 R + RX100」の組み合わせです。単焦点レンズならではの写りを楽しみつつ、広角や望遠が欲しい時にはRX100で撮る。あるいは、RX100メインで撮りつつ、ボケを活かした写りが欲しい時にXF35mmF1.4 Rで撮る。

単焦点レンズだけでは35mm換算で53mm相当しかカバーできませんが、RX100を持っているだけで28mm~100mmまでカバーできるようになります。条件が悪くなければ十分に写ってくれるので、本当に心強い一台ですよね!

こうして人は、単焦点レンズとRX100を好きになっていくのかもしれません。

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。