「XF18-55mmF2.8-4」の描写は「XF16-55mmF2.8」に負けない?

フジフイルムの”キットレンズ”こと「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」。この子は、ほぼ同じ画角をもつ”レッドバッジレンズ”の「XF16-55mmF2.8 R LM WR」と比較されます。

「どちらが高画質なのか?」――「当然、F2.8で、大きくて重たい方に決まってるじゃないか」。そう、それはそうなのでしょう。

しかし果たして、見分けがつくほどに違うのでしょうか?

「XF18-55mmF2.8-4」の望遠側で描写が甘くなる説

(XF18-55mmF2.8-4の望遠側で撮影)

「XF18-55mmF2.8-4」は、キットレンズの域を超えた標準ズームとして知られています。小型・軽量でありながら、手ぶれ補正を搭載。f値もAPS-Cとはいえ、2.8-4を実現しています。

しかしインターネット上のレビューを見ていると、高評価の声が多い一方で「望遠側の描写が甘い」と指摘されることも多く見られます。

たしかに、”等倍で見ると”XF18-55よりもXF16-55mmの描写が上回っています。しかし、趣味の範囲で鑑賞するぶんには、つまりパッと見はそこまで差がないような気もします。詳しくは「xf16-55 xf18-55」などで検索していただけるとご覧になれます。

「XF16-55mmF2.8」は感情も写るレンズ

(今回は逆接の接続詞を多めにいきましょう。)

しかし、これまでにXF16-55mmF2.8を使ってきた僕としては、もし仮に同じような写真だったとしても、撮影者の感情が写りやすいのは「XF16-55mmF2.8」だと考えています。

そんな感情論を説かれても困るよ~、と思われるかもしれません。しかし、このレンズはたしかに感情が描写に反映れるときがあります。やはりF2.8通しの強みなのか、「ここは解像しすぎてほしくない」というときに、立体感のある、しっとりとした描写になってくれるのです。

XF16-55mmF2.8。ちょっぴりせこいですが、作例不足により花の写真でご容赦ください。

ボケ量だけでなく、ボケの質もいいですよね。しばしば単焦点レンズと比較されますが、そもそも「ズームレンズ」と「単焦点レンズ」ではカテゴリーが違うような気もします(僕も比較してしまいますが…)。

「XF16-55mmF2.8が優れている」という絶対的な根拠を探す旅

すでに花粉が飛んでいるのか、目がショボショボしてきました。

こうしてざっくり感想を述べてきたわけですが、つまるところ、僕は「XF16-55mmF2.8が優れている理由」を探しているのだと思います。僕にとってこのレンズは、Xマウントのデビューでもあり、多くの被写体を写してきたレンズです。なので、XF18-55mmよりも思い入れがあるんですよね。

それでも、結局は「使い分けること」が大切であることも事実でしょう! ハンバーガーショップで注文したものが運ばれてきたとき、他の人にガチな印象を与えないためにはXF16-55mmよりもXF18-55mmのほうがいいです。ポテトやドリンクがボケてわからなくなることもないですし…。

(FUJIFILM X-T2 + XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS)

皆さんがXF16-55mmF2.8を愛する(憧れる)理由は何ですか?

うーん、なんととりとめのない記事。ということで、僕の「XF16-55mmF2.8を愛す理由を探す旅」はまだまだ続きます。

皆さまのなかで「わたしはXF16-55mmを愛すべき理由を知っています!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひコメントなどで教えていただけると幸いです。

 

2 Comments

写凡珠

J太郎様、こんにちは。

どうやら機材関連の興味の方向が、同じとは言わないものの被るところがあるようで、今回も興味深いテーマだと思いました。
ただし順番が逆で、私の場合はXマウント機を選んだきっかけとなるレンズが XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS で、ここ最近 XF16-55mmF2.8 R LM WR を使いながらその魅力を発見しているところです。

仕様で言うと、サイズが小さくて手ぶれ補正が効く XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS は都市部の撮影向けで、より広角で大きくて防塵防滴のある XF16-55mmF2.8 R LM WR は自然や景勝地向けのイメージです。
写りに関して、等倍で見比べたりはしてはいないのですが、どちらも優秀でどちらかというと XF16-55mmF2.8 R LM WR の方が上、ぐらいの印象です。なので撮影地、天候、機材容量を考えて両方が選択肢に入る場合 XF16-55mmF2.8 R LM WR を選ぶが、制約があって XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS を持ち出すことになったとしても、それほど妥協だとは思わない、ぐらいです。

そもそも標準ズームは他のレンズと比べても利便性、使用頻度が高いので、2つとも持っておいて、状況に応じて使い分けるということでよいのかなと思っています。
XF16-55mmF2.8 R LM WR は高額なので、手放すことで新たな機材に手が届くことになるので悩ましいところかと思いますが…
増えるかもしれない新機材分も含めてメリット・デメリットを挙げていって「自分の撮影にとっての意味」を評価して最善の機材構成を決められるのがよいと思います。

返信する
jtaro_arisawa

>>写凡珠 様
いつもコメントをくださり、ありがとうございます!

標準ズームについては、人それぞれに出会う順番があるのですね。それでもフジフイルムのすごいところは、「どちらも欲しくなる」ということです(汗) そして、そのどちらも写凡珠さんが「お気に入りのレンズ」としていることにガッツポーズをしてしまいました。(12月20日に更新されたブログは繰り返し読ませていただいております)

しかし、それだけこの2本のレンズには「価値」や「得意とする場面」があり、購入後もレンズ選びに悩む結果となりました。特に、関東でいうお台場や横浜のような自然と都市が融合する地域に行くときは、自分にとって「写真とは何か」を考えることさえあります。もっとも、これが写真の醍醐味かもしれませんが…! 僕も写凡珠さんのように、レンズが得意とする領域を把握しておきたいと思います。

これまでに何度か手放すことを考えたこともありますが、その描写、その先にある後悔を考えると、今のところは手放せずにいます…(笑)D750とNikkor 50mmを手放したことを未だに悔やむくらいですので…。

今回も僕のぐるぐるとした思考と向き合ってくださり、ありがとうございました。素人ゆえ、一人では決断できないこと、自信をもてないことが多々あります。もしよろしければ今後も、当ブログおよびアリサワの動向を見守っていただけると幸いです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。