2017-09-20

FUJIFILM X-Pro2がX-T2よりもスナップ撮影に向いている理由(X-Pro2のちいさなレビュー記事)

FUJIFILM X-Pro2は、しばしば「スナップに向いている」と評されます。

なぜなら、X-Pro2は誰にも威圧感を与えないからです。むしろほとんどの人に気づかれない、存在を消せるカメラと言ってもいいでしょう。

冒頭の一枚はまさに、X-Pro2だからこそ撮れた一枚です。

もしも僕がX-T2を構えていたら、通行人は「写真撮影が終わるまで待ってよう」と、歩く足を止めてしまう可能性があります。(カメラマンの願いとしては、その過ぎる足を入れたいと思う一方で…)

もちろん、X-Pro2を持っているからといって、すべての場面で存在感を消すことはできません。あくまでも、タイミングを見計らってシャッターを切る必要があります。

しかしながら、いい意味で”存在感のない”X-Pro2は、望み通りのスナップ写真を撮れる可能性をグッと高めてくれます。

X-T2が「オールラウンダー」ならば、X-Pro2は「スナップシューター」です。

もしも富士フイルムが誇るフラッグシップ機の購入に悩んだ際には、この明確な存在意義の違いが、購入を決める判断材料になることは間違いありません。

そして、購入を決めた皆さん。ようこそX-Pro2の世界へ。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。