2017-10-04

【もう困らない?】GoPro HERO6の手ぶれ補正がすごい!

2017年9月29日に発売された”完全に新しいGoPro”こと、「GoPro HERO6」。

「4K/60pでの撮影が可能になったこと」に注目が集まりますが、
「手ぶれ補正」も、これまでのモデルと比べて格段に向上しているとのことです。

いわゆる”アクションカム”については、ソニーかGoProかで意見が分かれるところですが、HERO6の発売でGoProが一歩リードしてしまった感はあります。

「GoPro HERO6」のここがすごい!

yodobashi.com せいふん\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

「GoPro HERO6」のスペックやHERO5との違いについては、「公式サイト」やYuuさんのブログに詳しくまとめられています。その中でも僕が気になったのは…、
・「完全に新しいGP1チップ」を搭載したことで、画質の向上を実現。
・「最先端の画像安定化機能」により、手ぶれ補正を強化。
・発売時点では、HERO5のほうが1万円程度安い。
このあたりでしょうか。

後に紹介する動画ですべてが明らかになりますが、「画質の向上」と「手ぶれ補正の強化」に1万円程度の価値を感じるかどうかがポイントです。ちなみに僕は「大いに価値あり」だと考えています。GoPro未体験ですが…。

drikinさんによる「手ぶれ補正」の検証動画が論より証拠

サンフランシスコ在住のソフトウェアエンジニア、”drikinさん”ことKoh Aokiさん。

drikinさんはYouTubeで、主にカメラやiPhoneなどのガジェットをレビューしています。日本を代表するユーチューバーよりも”マニア向け”ではありますが、一度そのツボにはまってしまうと、drikinさんの動画を何度も何度も見返すようになってしまいます。

さて、そんなdrikinさんも(当然のことながら!?)GoPro HERO6を購入されたようです。

ここまで徹底して画質や手ぶれ補正を比較してくださるあたり、さすがはdrikinさんです!

それにしても「GoPro HERO6」の手ぶれ補正、今までよりも格段に強化されていますね。
「手持ち+徒歩」でここまで手ぶれを補正してくれると、常にカバンの中に入れて、撮りたいときにサッと撮れる機会が増えるのではないでしょうか。

散歩にもサイクリングにも使ってみたい!

GoPro未体験の僕が、ここまでGoProについて熱くなっているのはなぜか?

「9月のブログ運営報告」でも触れた通り、近々クロスバイクを始めようとしているからです。クロスバイクの操作に慣れてきたら、GoProを装着して「車載動画」を撮りたいと考えています。(都心までは往復で100キロ以上あるので、都会の風景は気軽に撮れませんが…)

快晴のサイクリングロードを走って、しかもGoProで記録できたら絶対に楽しいですよね!

またたとえクロスバイクに装着しなくても、GoPro手持ちで散歩をするのもよさそうです。drikinさんの動画を拝見する限り、特別なアクセサリーをつけなくても手ぶれは気にならないと思います。GoProならRAWで写真を撮ることもできるので安心です。

僕の周りでGoProを購入された方はいませんが、もしこの記事を読んでくださった方で「GoPro HERO6を購入したよ!」という方がおりましたら、ぜひ感想をお聞かせください!

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。