2017-09-23

【雑記】これからのレンズ選び / XF16-55mmF2.8はやっぱり大きい?

先日、横浜を散歩して以来、心にひっかかっていることがあります。

「XF16-55mmF2.8 R LM WRは大きすぎないか?」

ポートレート、スナップ、風景。季節問わずたくさんの場面で活躍してくれたレンズに、今、小さな疑問を抱いています。

「単焦点レンズ一本 + コンデジ」の組み合わせで事足りた

横浜を散歩したとき、持っていった機材は「XF35mmF1.4 R」をつけたX-Pro2と、SONYの高級コンデジ「DSC-RX100」だけでした。

快晴ということもあって非防滴仕様で撮り歩いた結果、本当に本当に大満足でした。

基本的にはXF35mmで写し、それよりも広角や望遠が欲しくなったらRX100で写す、という戦法です。あまりにも自然な流れで撮り歩けてしまったので、「もうこれで十分じゃん!」と思ってしまいました。

こうなると、XF16-55mmF2.8の存在意義が分からなくなってきそうです。

雨の日に、レンズ交換ができない場面ではどうする?

では、雨の日に、レンズ交換ができない場面ではどうするのか。そういう時にこそ、防塵・防滴ながら最高画質を実現できる「XF16-55mmF2.8」が必要になるのではないか。

うーん、たしかにその通りです。しかし、ないものねだりの僕はこうも思います。

「XF16-55mmF2.8はサイズが大きすぎるのではないか」と。(ならば単焦点レンズで我慢しなさい! と言いたくなります。自分で自分に…。)

Nikon D750から乗り換えたときは、とても小さく感じたレンズなのですが…。慣れというのは恐ろしいものです。

マイクロフォーサーズ再び?

ただ、XF16-55mmF2.8で「大きい」となると、防塵・防滴の標準ズームで残された選択肢は、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」しかなさそうです。

前々から使ってみたいと思っていたんですよ(笑)

もっとも、このレンズを使うにはマイクロフォーサーズのカメラを買うしかないのですが。

うーん。基本的に標準域はRX100で対応していきたいので、慎重に検討していく必要がありますね。

※この件に関しては、皆さまからの意見を随時募集しております。

【追記 2017/09/25】

XF16-55mmF2.8のよさを思い出すために、散歩に持ち出してみました。

関連記事

コメント2件

  • 写凡珠 より:

    こんにちは、写凡珠です。
    J太郎さんはいつもなかなか興味深い問題提起をされますね。

    X-T2 と(ブログでは言及していないのですが)XF16-55mmF2.8 を持ち、(Panasonic 機ではありますが)マイクロフォーサーズ機を所有していたものとして、参考になるかどうかわかりませんがコメントしてみます。
    まずは XF16-55mmF2.8 は防塵防滴でしかも写りが良いが、大きいのは難点、というのは理解できます。実際私はスナップ撮影目的で持ち出すことはありません。子どもたちとのお出かけの時は、ズームで高速AFで、富士フィルム機の人物の写りの良さもあって活躍してくれます。

    人物撮影という話だと、逆にパナのマイクロフォーサーズで人物を撮ったときは悪くはないものの富士フィルム機に対しては物足りない部分がありました。
    オリンパス機の場合はどうかわからないですが、基本的には人物撮影は、被写界深度は浅いほうが良くて、被写体ブレを避けるためにシャッターは速めが望ましいので、フォーサーズより、センサーが大きい APS-C が有利です。ポートレイト重視なら X マウントの XF16-55mmF2.8 は残しておいた方がよいかと思います。

    逆にポートレイトがそれほど重要でなくて、お散歩スナップ機、と考えるとマイクロフォーサーズの方がいろいろ良いことがあります。
    まずボディ側も含めて手ぶれ補正が充実しているので夜景、夕景に対してスローシャッターが切れます。
    ただこの件に関しては XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (防塵防滴でないのが残念ですが) でもいい線行きます。
    あとタッチAFも富士フィルム機よりは充実していてこれがスナップにおいて大きな価値を持ちます。

    とはいえ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO に関して言うと、マイクロフォーサーズの中では大きなレンズになるので、ボディにこれとバランスの取れる OM-D E-M1 Mark II を選んじゃったりすると
    http://camerasize.com/compact/#679.448,692.412,ha,t
    のとおりで今のシステムに対してそれほどサイズが小さくなりません…

    あとマイクロフォーサーズも X マウント同様、魅力的なレンズが多いので、一度手を出すとおそらく他にも目が向いてしまうでしょう。良いことか悪いことかは分かりませんが…

    • jtaro_arisawa より:

      >>写凡珠 様
      コメントいただきまして、ありがとうございます。
      僕のブログは「素人丸出し」が基本となっていますが、このように共有させていただくと自分の考えが整理されるだけでなく、様々な意見をいただくことができるので、走り書きでも記事を公開しております!

      さて、写凡珠さんのコメントを拝見して、これまでに撮影したポートレートを見返してみました。最近は訳あって撮影できていませんが、E-PL6で撮影した写真よりもX-T1,X-T2で撮影した写真のほうが、柔らかさやあたたかさに溢れていると思いました!
      さらに思い起こしてみると、XF16-55mmF2.8ではじめてポートレートを撮影したときの、やさしい色味や雰囲気には驚かされました。

      一方、最近ではポートレートを撮ることがなくなり、地元やお出かけ先のお散歩写真の数が圧倒的に多い状況です。それゆえに僕は、コンパクト志向が強くなったのかもしれません。

      そこで昨日、街へ出る用事があったので家電量販店に行ってきました。
      写凡珠さんが貼ってくださったリンクにも示されている通り、たしかにZUIKO 12-40mmはコンパクトですが、XF16-55mmF2.8も大健闘していることが分かりました。(家で見るのとお店で見るのとでは、感じる大きさや重さが違うので不思議です! レンズフードの影響かもしれません。)

      こうして悩んでいるうちに、季節は秋の色を深めていきそうな気がします。そうすると、今の悩みは新たな悩みに書き換えられる可能性がありますが、これもカメラを手にした者の宿命ということで、上手に付き合っていきたいと思います。

      この度は経験から導き出された貴重なコメントをくださり、ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。