2017-07-28

Xユーザーのための「Endurance Ext」使用レビュー / 片道2時間半のお出かけ編

Xユーザーのための「Endurance Ext」使用レビュー。

前回は「荷造り編」と題して、とりあえずカメラやレンズを入れてみました。

今回は、実際に「Endurance Ext」を使用した上でのレビューです。と言っても撮影が目的ではなかったのですが…。このカメラバッグの収納力や機動力を感じていただければと思います。

今回の荷物「機材を詰めても、折り畳み傘が入っちゃうんだ!」

それでは、今回の荷物をご紹介します。あくまでもショッピングが目的だったのですが、Xユーザーの皆さまに少しでも情報を届けたく、がっつりカメラとレンズを入れていきましたよ!

〔機材収納部〕
・FUJIFILM X-Pro2 + XF16-55mmF2.8 R LM WR
・FUJIFILM X-T2
・XF35mmF1.4 R
・XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

〔メインポケット(フロント上部)〕
・SONY RX100 + ULYSESSカメラストラップ
・ポケットティッシュ
・点鼻薬

〔下部ポケット〕
・Kindle Paperwhite
・USB Type-C用アダプター(メモリーカードやUSBスロット)
・クリーニングクロス

〔サイドポケット〕
・Galaxy S7 edge(スマートフォン)

〔サイド三脚ポケット〕
・550ml(程度?)入る水筒

〔PC収納部〕
・HP EliteBook Folio G1

〔ロールトップ〕
・折り畳み傘

この日は「にわか雨が降るかも」という予報が出ていたので、折り畳み傘は絶対に必要でした。「さてどこに入れようか」と考えたところ、ロールトップの存在に気づきました。見事です!

しかも、これだけ荷物をいれてもリュックサックの見た目が変わりません。また、これだけ荷物をいれても相変わらず自立してくれます。とっても体幹の強い子ですね。

「混雑した電車内でも邪魔にならない」は本当だった!

前回の記事では、「公称170cmの男が背負っても、自分の範囲内で収まってくれるだろう」という予想をしました。

そして今回、電車内で座ったり立ったりする機会があったので検証した結果…。

予想通り、ちゃんと僕の幅に収まってくれました! 隣の方に迷惑をかけることもなかったはずです。「老けてるなあ」と思わせてしまったかもしれませんが…(笑)

「Endurance Ext」は、カメラマンのマナー向上にも一役買ってくれています。

サイドアクセスはショッピングの強い味方

さて、「Endurance Ext」の魅力の一つに、サイドアクセスからカメラを出し入れできることが挙げられます。

これが予想以上に便利でした。

僕は、撮影場所ではカメラを出したままにするタイプです。しかし、今回はショッピングが目的であって、大きなレンズをつけたまま店の中は歩けないと思いました。

そこで「サイドアクセス」の出番です。

なんと、かばんを置かなくても、スッとカメラをしまうことができてしまいます。いやあ、ほんの数日前までは知りませんでしたが、サイドアクセスは便利ですね!

水筒やスマートフォンもすぐに取り出せる

僕は、左右のサイドポケットに、それぞれ水筒とスマートフォンをいれています。

「リュックのサイズ感が分かるように…」と、自撮りをしてみました(笑)横に水筒がしまってあるのが見えますでしょうか。しっかりホールドされています。

都心はカフェが混んでいたり、意外とコンビニを見つけられなかったりします。そんな時、カバンに水筒があれば、いつでもどこでも水分補給ができますよね! 特に、夏は水分補給なしでは歩けません!

また、もう一方のサイドポケットにはスマートフォンをいれています。

都心は何と言っても「迷路」なので、もはや地図を見ていても迷子になるくらい複雑な道を歩かなければなりません。そんな時、スマートフォンをサクッと取り出して、パッと地図を確認できたのでとっても助かりました。

今回のまとめと次回やってみたいこと

ということで、「Xユーザーのための、Endurance Extレビュー」を書いてきました。

「Xユーザーのための」と言っておきながら、すべてのユーザーに共通することばかり書いてしまいましたね…(笑)でもそれは、このカメラバッグが「どのメーカーのカメラを持っていても満足できてしまう」ということなんです!

ここで、今回挙げた「Endurance Ext」のよかったところをまとめてみましょう。

  1. 富士フイルムのカメラ・レンズがしっかり入って、さらに折り畳み傘などもOK!
  2. 座っていても立っていても、電車内で邪魔にならない!(通勤の超満員時では未検証)
  3. サイドアクセスは、ショッピングなどの街歩きを楽しくしてくれる!
  4. 水筒やスマートフォンをすぐに、楽に取り出せる!

個人的には、amazonでいう「☆5.0」の評価でございます。

ところで、今回できなかったことについては、次回以降にやってみたいと思います。

  • 途中でカフェに入って、休憩がてらPCを取り出し、写真の整理をする。
  • ショッピングではなく「撮影」を目的とした場合の使用レビューを書く。

有澤J太郎による「Xユーザーのための、Endurance Extレビュー記事」は、まだまだ続きます!

なお、一連のレビューをお読みいただいた上で疑問に思ったことや、検証してほしいことなどございましたら、お気軽にコメント欄やTwitterでお知らせください。

僕の狭い守備範囲でできることであれば、検証させていただきます! それでは。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。