絞り開放のやわらかさ(XF35mmF1.4 R)

(FUJIFILM X-T2 + XF35mmF1.4 R)

フジフイルムが誇る標準単焦点レンズ「XF35mmF1.4 R」は、F1.4という明るさとXシリーズ初期レンズならではの「やわらかい描写」が持ち味です。

僕は「XF35mmF2 R WR」を持っていないので、比較をすることはできませんが、絞り開放で撮影したときの「とろけるようなボケ感」には感情を移入せずにはいられません。

また、このレンズはX-T2にもX-Pro2にも非常によく似合っているので、街中を歩くときに首から提げていたくなります。重さも187グラム程度と軽く、ほとんど重さを感じません。

「写真は50ミリにはじまり、50ミリでおわる」

そんな言い回しがなされる理由が、なんとなく理解できてしまうレンズです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。