2ヵ月ぶりの望遠ズームで撮る「うめのはな」

ついに! 有澤J太郎が、防湿庫から「望遠ズーム」を取り出しました。「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」、富士フイルムが誇る「レッドバッジズームレンズ」です。

これなら「うめのはな」が綺麗に撮れるかもしれません。では、行ってみましょう。

今回のカメラ・レンズ

今回僕が選んだカメラ・レンズは次の通りです、

  • FUJIFILM X-T2
  • XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
  • SONY DSC-RX100

バッグは「ひらくPCバッグmini」です。望遠ズームを装着したX-T2を縦に入れることができるので、本当に便利です。ただ斜め掛けのカバンなので、ある程度の重さを感じます。

[href=”https://superclassic.jp/?pid=70201″ title=”ひらくPCバッグmini” site=”SUPERCLASSIC”]

「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」で撮影した写真

お待たせしました。それでは、撮影した写真を掲載していきます。「RX100」でも何枚か撮影しましたが、さすがに「X-T2」のほうが好みの写真を撮れました。





皆さまの「うめフォト」が見たい!

梅の花を撮影するのは、意外と難しいですよね。桜に比べると花の数も少ないので、枝が目立ってしまいます。絞りによっては、その枝によって背景がうるさくなりがちです。

それをどう整理するのか。そこに撮影者の「ウデ」が試されるように思います。

あっという間に旬が過ぎる「うめのはな」ですが、皆さまの撮影した”うめフォト”をぜひ拝見したいです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。