ルポルタージュとは何か

(FUJIFILM X-T2 + XF35mmF1.4 R)

相も変わらず、疑問を投げかけて終わるブログでございます。

さて今回は「ルポルタージュとは何か」。

ライカやX-Pro2などは、しばしば「スナップやルポルタージュに向いている」と言われます。スナップというのは、出かけた先で出会った風景・光景を「決定的瞬間」として残すことでしょうか。なんとなく分かります。

では、ルポルタージュというのは、スナップ写真と何が違うのでしょうか? 辞書では「現地報告」と簡潔に説明されています。が、これだけではいまいちピンときません。スナップ写真だって、現地に行ってるからこそ撮れるもののはず。うーん、これは一体…。

ちなみに冒頭の写真は、鶴岡八幡宮で撮影した一枚です。僕としては、スナップ写真のつもりで撮ったのですが、見る人によっては「ルポルタージュ」となるのでしょうか?

そしてまた、なぜライカやX-Pro2は「ルポルタージュに向いている」と言われるのでしょう。

毎日毎日、なぞは深まるばかりです(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。